Entries

消費地に中間貯蔵施設?

14日に、福井県知事が発した爆弾発言、
「電力を消費してきた地域でも、中間貯蔵など、
痛みの分担もお願いしないといけないかなと思っている」は、
やっぱり評判が悪いんでしょうねー。
「原発マネーをもらってきた県の首長が何をいう!」と、
お怒りの方も多いだろうなあと思います。

誤解されるかもしれませんが、
私は、「そりゃ、ナイス!」って思っちゃいました。
(別に都会に造りたいわけじゃないですよ)

「電気はほしい。でも原発は田舎に」と思っている再稼働賛成派が、
17日の朝日世論調査では、未だ28%もいるわけです。
「じゃあ、原発のリスクを自分自身で引き受ける覚悟はあるのか」と、
賛成派や政府に対して突きつけたもの、と考えれば、
再稼働へのまたとないブレーキになるなあって思ったんです。
「安易に再稼働に賛成するなよ!」「人ごとじゃねえぞ!」って。

橋下市長は、「痛みの分かち合い」を求められたことに対して、
「大変有意義な提案だ。どうしても原子力が必要だということになれば、
(都市部が)中間貯蔵施設を受け入れるという負担も考えなければいけない」と、
大阪市役所で記者団の質問に答えたそうです。

彼の真意がどこにあるかはさっぱりわかりませんが、
(節電に協力的ではないらしい)大阪市民に、
リスクを負う覚悟を問うものであるのなら、
それはそれで大歓迎です。
きっと、世論はさらに、原発からの卒業に向かうことでしょうネ♪
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

[T2] -

管理人の承認後に表示されます
  • 2012-04-18 13:40
トラックバック URL
http://blogyai.blog48.fc2.com/tb.php/907-35aaab42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

やいちゃん

Author:やいちゃん
福島県郡山市在住のフリーライター人見やよいと申します。「平和・環境・市民運動・脱原発」系の記事を書いています。立ち位置は、右でも左でもなく、ド真ん中王道だと思っています。こおりやま「楽笑村」 代表、原発いらない福島の女たち WEB担当、福島原発告訴団、フクシマ・アクション・プロジェクトなどで活動中。

最新記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブクログ

dff

クリックで救える命がある

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
578位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
エコロジー
19位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム