Entries

辻元清美さんのスピーチ書き起こし(福島選挙区 ましこ輝彦さんの応援)

辻元清美さんが「口コミ頼むで」とのことでしたので、ざっくり書き起こしました。須賀川パル向陽台でのスピーチから。

20160707tujimoto.jpg

みなさま、こんにちは。
大阪から、応援に参りました衆院議員の辻元清美です。
きょうは、安倍晋三総理と同じ新幹線に乗って、一緒に郡山で降りて、「負けるわけにはいかん」と思ってやってまいりました。
向こうはですね。フル装備ですよ。お付きがゾロゾロゾロゾロ。
私は一人です。
みなさんゲリラの口コミでフル装備を倒す、これが福島の戦いじゃないですか。負けるわけにはいきません。
絶対に野党が勝たないと、3分の2議席を取られるということは、例えば、税金を株に注ぎこんで大損しているの、隠しているじゃないですか。安倍総理は。あんなことを許すことになります。
そして、地球の裏側まで、殺し、殺される。自衛隊派遣するから、好きにしてちょうだいってなるんです。
なんとしても止めなくちゃいけないと思います。

この福島からは大臣ということですが、はっきり言えば安倍総理の家来でしょ。
総理大臣がおかしな方向に行こうとしているときに、体を張って、福島の犠牲者の声を聴け、原発どうするんだ、これははっきり総理大臣であろうが、大臣であろうが、福島県民のために、大きいものに立ち向かっていく、そんな増子さんが当選することが、県民にとって一番大事なことじゃないですか。どうですか。
総理大臣の顔色を見て、ぺこぺこぺこぺこしている、総理大臣に頼って当選しようというような人は、絶対に役に立たないということを3日間、みなさん、口コミで、ゲリラですよ、ゲリラ、ゲリラで伝えていただけますか。
どうでしょうか。

私はこれをお伝えしたくてきたことがあります。
安倍総理は2回目ですね、総理大臣。
2回目の総理になった直後に、私は国会の予算委員会で質問しました。1回目に安倍総理が総理大臣になったときに、実は2つの大きな事実があるんです。
福島第一原発の事故を防げたかもしれないというような、大きな対策を怠ったことがあります。
1つ目は、地震の対策だけじゃなく、津波の対策をしないと、全電源喪失になるんじゃないかということが、第1次安倍政権の時に問題になって、野党が質問したんです。対策しろと。ところが安倍さんは「対策の必要はない」と答弁をして、対策をしてこなかったことが一つ。既に津波の事故、大きな大事故のことは、当時から議論されていた。その対策を怠ったこと。第1次安倍政権。
そして2つめ。これ今年直接、安倍総理とやりあいましたけれども。避難を10キロ圏内の避難じゃ不十分で、世界中、30キロ圏内の避難計画が必要だということを、国際機関に責められたんです。これも安倍さんが1回目の総理大臣の時です。30キロ圏内までの避難経路を指定せよと、国際機関から、勧告を受けたのに無視したのが、1回目の安倍政権なんですよ。
(「ひどーーい」の声)
ひどいでしょ。
これ事実ですよ。
それを頬かむりしているんですよ。
絶対にこの福島のみなさんは、今の安倍政権に対して、さらにこの点をしっかり追及してもらえる増子さんを送るしかないじゃないですか。違いますか。
どうぞ、みなさん、言いふらしてください。これを。

最後に、今のままだと接戦なんですよ。横一線なんです。
そして、業界での締め付けとか、やってるでしょ。
みなさんが、二人、三人と、これからどれだけ口コミで広めていただくかにかかっています。
どうぞみなさん。辻元はこれをお願いに。
この福島の問題は、日本中の問題なんです。そして、福島の復興が日本にとって一番大事なんです。ですから、大阪から、みなさんに口コミ頼むでと。やっていただけますでしょうか。
お願いします。ありがとうございました。


このスピーチを聴いたわたしの、七夕の短冊はこれ。
20160707.jpg
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

やいちゃん

Author:やいちゃん
福島県郡山市在住のフリーライター人見やよいと申します。「平和・環境・市民運動・脱原発」系の記事を書いています。立ち位置は、右でも左でもなく、ド真ん中王道だと思っています。こおりやま「楽笑村」 代表、原発いらない福島の女たち WEB担当、福島原発告訴団、フクシマ・アクション・プロジェクトなどで活動中。

最新記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブクログ

dff

クリックで救える命がある

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
721位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
エコロジー
22位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム