Entries

ヨーロッパ弾丸ツアー報告2

ヨーロッパにも原発はもちろんたくさんあって、特にフランスは原発電力が、総発電量の75%というシェア。原発依存度は高いのです。しかも、行ってみてびっくり。ヨーロッパの原発って内陸の川沿いにあるんだ~~(@_@;) 当たり前かもしれないけど、「え! こんなところに!」というような場所に立っていました~(;^ω^)
スイスのベツナウ原発(稼働中最古の原発:47年目)はきれいな河川沿いに立っていて、近くにはカヌーで遊ぶ人たちもいて、原発の真横まで行ってみることができました。以前、環境保護団体の人が建物まで入りこみ、屋上に旗を立てて危険性をアピールしたことがあるんだそうで、以来、2重の壁(鉄柵)ができたそうたけれど、それでもすぐ目の前まで近づけることに仰天しました。本気のテロリストが来たら、防ぎきれないんじゃないかしらと心配になりました…。
ベツナウ原発
あと、ドイツからスイスに向かう電車で、国境を超えてスイスに入ったとたんに原発が車窓に…(@_@;) 近い! 近い! 近い! 何かあったら、この距離、確実に被ばく…!
車窓にみるスイスの原発
ドイツの講演の中では、「事故が起きたらやっぱりパニックになるし、思考が働かない。どうしていいか途方に暮れる。だから、何かある前に、事故が起きたら逃げる場所をいくつか決めておくべきだと思う」という話をさせてもらいました。避難訓練もあてにならないとは思うけれどやったほうがいいし、逃げる場所の見当だけは、事前につけておいたほうがいいと思いました。「原発に何かあったら一刻も早く逃げる」それが福島の教訓だと思います。

とにかく、危険な原発からは早く卒業するのが一番いいけどネ。いくら地震が少なくても、テロはあるからね。ベルギーの原発、本気で狙われていたしね。
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

やいちゃん

Author:やいちゃん
福島県郡山市在住のフリーライター人見やよいと申します。「平和・環境・市民運動・脱原発」系の記事を書いています。立ち位置は、右でも左でもなく、ド真ん中王道だと思っています。こおりやま「楽笑村」 代表、原発いらない福島の女たち WEB担当、福島原発告訴団、フクシマ・アクション・プロジェクトなどで活動中。

最新記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブクログ

dff

クリックで救える命がある

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
368位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
エコロジー
8位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム