Entries

おおさか維新の足立議員、公述人に暴言三昧。

20160225.jpg
足立康史議員(おおさか維新の会)の質疑が無礼過ぎて思わず書き起こしちゃった!
「郷原さんは、専門家じゃないんです。政治家なんです。政治屋なんですね。私はこういう形で、この予算委員会のこの場で、そうした売名行為をされたことについて、批判を申し上げて、質問を終わりたいと思います」で結ぶまで、郷原さんに何の恨みがあるのか、ただただ侮辱しまくり、暴言三昧。何、この人? 足立議員には、辞職勧告が必要では。

動画の6分過ぎから。
足立 「郷原公述人、きょうはありがとうございます。あの根本的なとこからなんですが、個別の話じゃなくてね。あの山下委員がおっしゃったように、私も実は同じような感覚を普段からもっていまして、予算委員会でこの話やるかと、いうことはあります。予算委員会以外にも国会にはさまざまな取り扱う場があって、そういう場でやるべきだよなと。いま、政党間で、いろいろ議論があります。そういう意味では、この問題はですね、政治家の問題ですから、基本的には国会の中で、政党対政党で、議論をするべきものだと思っていますが、その場に、郷原先生のような所謂専門家が、特に法曹界、元検事であられる先生がわざわざこの、おそらく民主党の推薦だと思いますが、山ノ井さんなのか今井正人さんかわかりませんが、そういうご要請に基づいて、特定の政治的ポジションを代弁するかのような、風にとられてもおかしくない、ここにお出ましになられた、そのこと自体についてね、どういう整理で来られているのか、ぜひ、ちょっと。公述人の方に、なぜ来たのかというのは大変失礼だと思いますが、これは大事な問題ですので、ぜひ専門的見地からご答弁ください」

郷原信郎 「あの、わたくしの話を最初から最後まで聴いていただければたぶんご理解いただけたと思うのですが。わたくし、組織のコンプライアンスを専門にしております。組織がどうやったら健全に社会の要請に応えていくのかということを、常に日ごろから考え、そのための活動をしております。今回の問題というのは、わたくしは、広い意味で公的な機関が、どのようにしてきちんと役割を果たしていくのかということに関して、まず、国民の信頼がなければならない。その信頼の前提が損なわれようとしているところに、重大な問題があると考えてきました。それだけに、ずっと言っておりますように、まさに、およそ想定できなかったような絵に描いたような事案が、発生していることに対してわたくしはずっとブログ等でも意見を言ってまいりました。それを、国会審議の参考にされたいということであればわたくしはコンプライアンス論の立場から、しっかり意見を申し述べるべきだろうということで本日、参りました」

足立 「こだわるようでありますが、今まさに、先ほど私が申し上げたようにですね、この問題に対しては甘利前大臣の問題については、国会でも再三取り上げられ、また、当局が、捜査等に動いているかどうか、わかりませんが、動くべきものであれば動くでしょう、当然ですね。当たり前のことです、これは。法律に基づいて。そういう中で、私の理解では先生のような、所謂法曹界の専門家の方はですね、特に政治的問題について、特定の政治集団から、法的なアドバイスを求められれば、法的アドバイスをその政治集団にすればいいのであって、こういう公の場で、その専門的知見を、開陳することはですね、逆に郷原公述人の、まあ、なんていいますかね。外形的公正性というか、そういうものを、著しく棄損していると。普通は、普通の人はですね。あ、郷原さんは民主党の応援団なんだなと。ま、こう思ってですね。今後、郷原さんには仕事を頼まないということになると。私は、普通、そう思いますよ。ど、どうですか?」

郷原 「あの、繰り返しお答えしなければならないんですが、先ほどから申し上げているように、わたくしは、基本的にこの問題をですね、組織のコンプライアンスの観点からも、重大な問題だという考え方を持っておりますので、どちらから呼んでいただいても、同じ答えをしてます。どの党であれ、おんなじ答えをしてます。それは言うべきだと考えていることを、世の中に対して、どこかからか依頼を受けて、こういう場で言ってくれと言われればわたくしは申し述べます。それが、特定の政党とか会派にプラスになる、プラスにならないというのは、それは最終的にそれが正しいか、正しくないかは、世の中が評価すべき問題でありますし、社会が評価すべき問題であり、最終的には国民が評価すべき問題だと思います」

足立 「あの、郷原公述人は、実は我々維新とも大変深い関係であられます。2015年の10月21日付で、『弁護士たる政治家としての橋下徹氏への疑問』というブログを公開されています。そのブログで何が書いてあるかというと、維新の党が分裂をするときに、維新の党が分裂をするときにね。その2つの集団の中で、我々、偽新と呼んでいますが、維新の名を未だに、ま、やっと維新の名前を返してくれるというんでほっとしていますが、その偽新の党と、おおさか、元々発祥の原点である、おおさか維新の会が分党騒ぎになったとき、これ、郷原さんはその所謂、特定の今井幹事長側に立って意見書を書かれました。それもですね、意見書を出すだけじゃない、それをネットに公表されました。それ何でですか」

郷原 「あの、その問題は、ブログでも正確に説明しているはずです。わたくしは、そのとき、維新の党の方から、法律の専門家としての回答を求められ、あくまで、法律の専門家としての立場で、意見書を書きました。それとは別に、法律家として、弁護士として、橋下徹氏のやり方には、多々、誤りもあり、日ごろから思っている点もあるので、あわせてブログで批判をしました。というふうに、整理をして考えていただきたいと思います」

足立 「ありがとうございます。あのね。郷原さんは、郷原さんは、5年前の、4年前か。初めてのダブル選挙。去年の11月のダブル選挙も勝利をさせていただきましたが、我々が最初に大勝利を与えていただいた4年前、5年前、4年前かな。11月のダブル選挙でありました。そのとき郷原さんは、民主党から大阪の府知事選に出馬を要請されましたか」

郷原 「あのーそういうことをおっしゃるんであれば、もう少し背景も含めて、正確に事実を確認してから訊いていただきたいと思います。わたくしは最初に確かに、まだ話がはっきり固まっていない段階で、民主党、自民党、公明党の3党が推薦するような形での、知事選への対応という話があり、検討したことは間違いありません。しかし諸般の事情があり、最終的にはそういう話はお請けいたしませんでした。それだけの話です」

足立 「当時2011年10月22日の報道で、郷原さんは、そういう出馬の話があるのかということに対して、マスコミに対して、知事の仕事に以前から関心があったことは確かだということで含みを持たせておられます。おそらく民主党の平野先生からアプローチがあったんだと。何日か後に、府庁で、大阪府庁で会見をされて、やっぱりやめたと。こういう、結局、郷原さんは、専門家じゃないんです。政治家なんです。政治屋なんですね。私はこういう形で、この予算委員会のこの場で、そうした売名行為をされたことについて、批判を申し上げて、質問を終わりたいと思います。ありがとうございました」

議長 「静かにしてください。静かにしてください、ちょっと静かにしなさい。ちょっと待ってください。あれ、あれ、静かにさせてくれる。静かにしてください。あの、与党の理事のみなさんにお願いします。今の件で、今の足立くんの質疑について、理事会で議論をしたいという申し入れがありましたので、これは与野党の理事でしっかり議論していただきたいと思います」

いや、わたしはたまたま足立議員のところだけ聞いたんだけど、他のおおさか維新議員も酷かったらしい。
郷原信郎が斬る「独立URのコンプライアンスの視点から見た甘利問題
詳しくは、「郷原信郎が斬る」にて。


スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

やいちゃん

Author:やいちゃん
福島県郡山市在住のフリーライター人見やよいと申します。「平和・環境・市民運動・脱原発」系の記事を書いています。立ち位置は、右でも左でもなく、ド真ん中王道だと思っています。こおりやま「楽笑村」 代表、原発いらない福島の女たち WEB担当、福島原発告訴団、フクシマ・アクション・プロジェクトなどで活動中。

最新記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブクログ

dff

クリックで救える命がある

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
879位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
エコロジー
28位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム