Entries

「沈黙+ぶんぶん」ハシゴしませんか?

鎌仲監督の新作「ミツバチの羽音と地球の回転」絶賛上映中です!
そして、県庁西庁舎玄関前の「沈黙のアピール」も継続中です!

昨日発覚した「隣の炉のケーブルを間違って抜いちゃった事件」と、
「そのことをプルサーマル起動まで黙っていました事件」に、
あいた口がふさがらないみなさん。

ぜひ、今のお気持ちを「申し入れ書」に書いて、
県庁前で横断幕の横に佇む方々にお渡しください。
「申し入れ書」の書式は自由です。
ワードでも、手書きでも、何なら巻物に筆書でもOK(^-^)
午前9時半から11時まで受け付けています。

そしてその足で、午前11時からの「ミツバチ~」をご覧ください。
10月8日までフォーラム福島のFORUM3で上映されています。
「沈黙+ぶんぶん」のハシゴができるのは、あと8日間です。
みなさま、お急ぎください。

前売りチケットを買っていなかったよ~~~という方も、
沈黙のメンバーに、こっそりと囁いていただくと、
前売りチケットを出てくるのではないかと思います♪
どうぞ、福島においでください。
スポンサーサイト

隣の原子炉のケーブルを抜いちゃった事件。

前代未聞の大事件が起きました。
…いや、起きていました。
発覚したのは1ヵ月近く前の、
9月2日なんだもの。
もはや過去形で書かなくちゃなりません。

8月16日から9月2日までの間、
タービンへ供給する蒸気の量を、
加減する蒸気加減弁を制御する信号ケーブルを、
当直員が誤って外してしまい、
そのまま半月間運転していたという事故。

しかもその原因は、
6号機のケーブルを外すために、
5号機の図面を印刷して渡してしまったためらしい。
…で、本来抜いちゃいけない隣の炉から、
ケーブルを抜いてしまい、
そのことに半月間、気付かなかったんだそうな。

私たちは、知らず知らずのうちに、
命綱を外したままで綱渡りをさせられていたことになります。

詳細は東電プレスにて。
http://www.tepco.co.jp/cc/press/10092703-j.html

今回、こんなとんでもない人為的ミスが、
やっぱり起こってしまったこともビックリなんですが、
9月2日に判明したミスが、
今日まで情報公開されなかったことに、
大きな衝撃を受けましたΣ( ̄□ ̄;

特に、保安員と県の担当者と知事には、
その本意を問いたいです。

なんですぐに発表しなかったん?
プルサーマル起動まで黙ってたん?
今、どう思ってるん?
県民に、なんて説明するん?

今日は一日このニュースの衝撃で、
気持ちがダウンしちゃっていました。
保安員も県も、何をやっているんでしょうね…。

09/28のツイートまとめ

picoyai

福島原発で起きた「隣の原子炉のケーブルを抜いてしまった事件」は大問題だと思います。9月2日に判明しておきながら、プルサーマルを稼動するために1ヵ月近く隠蔽され、今頃になって公表だなんて、あああ~~もう~~~、福島県民はバカにされてっつおい!
09-28 12:27

09/26のツイートまとめ

picoyai

佐藤栄佐久さんと池田香代子さんのビッグ対談を会津で聴いてきました。国策の原発に慎重論を唱えた知事は、国家権力の逆鱗に触れてしまったわけで…本当にお気の毒なことです。
09-26 19:44

原発とクジラ。

ついに、フォーラム福島にて、
「ミツバチの羽音と地球の回転」劇場公開が始まりました。
この映画、日本中、福島県民には必見です!

昨夜は鎌仲監督のトークショー付上映会が、
満席のお客様を迎えて行われました♪

これから未来のエネルギーは、
地域に適した自然エネルギーの小規模分散型が主流になり、
リスクが大きく、廃棄物の処理方法が見つからない原発は、
世界的に斜陽産業になっていくと思われます。
そこで、どうしたらいいのか…という話がこの映画です。

「エネルギー資源の少ない日本」
だと思い込まされている私たちですが、
実は、日本よりも、ずっとずっと日照時間が短く、
太陽熱が少なく、火山帯も山もない北欧の国が、
エネルギーの自立に向けてがんばっている様子を、
ぜひ「ミツバチ」で観てください♪
もっと安全で、豊かで、楽しい未来はこっち!
そう思える映画です。
私もまた観に行く予定です。

10月8日(金)まで、フォーラム福島にて上映しています。
9月26日~10月1日は(1)11:00~ (2)18:30~の2回
10月2日~10月8日は(1)11:00~の1回のみ上映
フォーラム福島 http://forum-movie.net/fukushima/
ぶんぶんブログ http://bunbun-f.seesaa.net/

*****

続いて今日は、会津若松市で行われた、
佐藤栄佐久前知事と池田香代子さんの
ビッグ対談を聴いてきました。

佐藤栄佐久さんは、本当に本物の知事だったと思うのです。
詳しい県政のことはわからないけど、
原子力政策に対する姿勢だけは、
県民の代表であり、県民の味方でした。

だからこそ、国家権力の逆鱗に触れて、
あのめちゃくちゃな冤罪事件…。
勝手に描いたシナリオどおりに、
捜査も調書も推し進める特捜によって、
次々と作られるダーティーなイメージ。
そのイメージはマスコミにリークされてお茶の間へ。

検察とマスコミがグルになれば、
どんな人でも罪人にできちゃうんだということを、
佐藤栄佐久さんは身をもって体験したわけで、
詳細は、著書「知事抹殺」をどうぞ。
これまた福島県民必読です。

*****

「原発は捕鯨と似ている」
という話が、今日の対談で出てきました。
国策だから、国家の面子があって、後戻りできない。
しかも続けるためには、税金投入。
調査捕鯨という名の商業捕鯨を、
内心では「おかしい」と思いながらも、
みんな何もいわない…。
正面きって告発したグリーンピースは有罪になる…。

原発もクジラも、
国策だから…と諦めないで、
変なものは変、おかしいものはおかしい、
変えてほしいなら変えてくれと、
国民がみんなで声を出し続ければ、
変えることができるはず~!

そう思って帰ってきました(^-^)

Appendix

プロフィール

やいちゃん

Author:やいちゃん
福島県郡山市在住のフリーライター人見やよいと申します。「平和・環境・市民運動・脱原発」系の記事を書いています。立ち位置は、右でも左でもなく、ド真ん中王道だと思っています。こおりやま「楽笑村」 代表、原発いらない福島の女たち WEB担当、福島原発告訴団、フクシマ・アクション・プロジェクトなどで活動中。

最新記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブクログ

dff

クリックで救える命がある

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
630位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
エコロジー
19位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム