Entries

怒涛の週末…イタタの今日。

金曜は東京のグリーンピースジャパン事務局に行ってきたんです~♪
星川さんは、想像していた通りステキな人だった~。
プルサーマルの署名にも躊躇なく応じてくださり、
「いつでも事務局へいらっしゃい」と優しい言葉をかけていただきました。

例の「クジラ肉裁判」の被告である佐藤潤一さんにもお会いしました。
http://www.greenpeace.or.jp/campaign/oceans/whale/t2/
佐藤さんは、調査捕鯨における、
クジラ肉の不正な横流し事件を告発しようとしたら、
逆に窃盗と建造物不法侵入で逮捕されちゃった青年です。
http://www.greenpeace.or.jp/campaign/oceans/whale/t2/sato
ほら、見るからにとっても好青年でしょー。
実際にお会いしたご当人も、にこやかな青年でしたよー。

違法に証拠物を押収しちゃいけないでしょとか、
勝手に入ったらそりゃ違法でしょとか、
いろいろもっともなご意見はあると思いますが、
このときを逃したら二度と証拠を押さえられないという判断から、
クジラ肉を持ち去ったことは、
仕方のないことだったのではないかと、私は思います。
すぐに当局に出頭しているわけだし、持ち去る意図がなかったことも明白。
許されないにしても、多額の税金を使った調査捕鯨を利用して、
私利私欲の横流しをしている罪の方が、
佐藤さんの事件とは比較にならないくらい大問題だと思うんです。
100歩譲って窃盗事件が立件されたとしても、
調査捕鯨の実態の方をきっちりと捜査し、白日の下に晒し、
裁判で裁いていただきたいと思います。
クジラ肉裁判、これからもしっかりウォッチしてまいります!

ということでとんぼ返りで東京から帰ってきて、
土曜日のケニアダンス最終練習に参加、
昨日、祭天で初披露となりました。

めちゃくちゃ楽しかった~~~~。
4枚のカンガで着付けをしてもらって、
マコンゲ(サイザル麻の腰みの)をキリリと巻いたら、
テンションあがるあがる~~ヽ(^。^)ノ

一言でいうと、

「ひゃっほー!!!!!!!」

って感じo(>∀<)o

写真は、、、全然ないの(;▽;)
踊っていたから。
でも誰か撮っている人がいると思うので、
あとで探しにいきます。

ケニア3ステージ+銀河の3ステージで計6回、
踊り終わって見上げた空は、真っ青に抜けるような青空でした。
感動…ヽ(^。^)ノ

祭天がすばらしいなあって思うのは、
かかわっている人たちの、エネルギーの優しさ。
踊っている人も、観ている人も、すれ違う人も、
みんな笑顔で、平和で、優しくて。
こんな人たちばかりだったら、
あっという間に、世界平和達成~~~じゃない?

すばらしい場を用意してくれた祭天スタッフのみなさん
本当にありがとうm(_ _)m
ケニアダンスクラスを作ってくれたゆかちゃん
本当にありがとうm(_ _)m

すばらしい週末でした。



…ってことで、
今日は強度の筋肉痛。
階段を這って下りています。

足にはシップ4枚。

イタタ…。
スポンサーサイト

05/26のツイートまとめ

picoyai

今日はテープ起こし三昧。眼が痛い、腕もだるい、もう寝ます。
05-26 23:06

国民が主役になる道は遠く険しいネ。

官房機密費を国会運営やマスコミ対策として政治評論家たちに配り、
さらには歴代総理たちへの盆暮れの付け届けに使っていたと、
衝撃告白した元官房長官、野中広務さん。
http://www.youtube.com/watch?v=WekLyWV2noQ&feature=related

小沢さんの秘書、大久保さんの逮捕には、
森前法相の指揮権発動があったと、
生放送で発言した元参院議員の平野貞夫さん。
このところの「政治とカネ」問題は、
自民党側が仕掛けた攻撃だそうな。
http://www.youtube.com/user/fotosintesi113#p/u/4/Ufk4GgZlNYM

といったように、爆弾発言が相次いでいます。
この件で大手の新聞は沈黙、
さらには名指しされた方々もノーコメント。
疚しいところがないというのなら、
否定くらいすればいいのになあ~って思うし、
触れないようにしているってことは、
「あるあるある…」なんだろうなって勘ぐってしまいました。

先日の「ザ・スクープ」でもあったように、
政治的意図を持って事件を作り出す「国策捜査」も、
やはりあるとしか思えなくなってきました(>_<)
http://www.youtube.com/user/todajimusho#p/u/3/-LMboXLDBlQ
検察も、それから警察も、
霞ヶ関や特殊法人・独立法人・財団法人や、
そのファミリー企業のみなさんと同じように、
税金を好き勝手に分配、流用してきたのだと思います。
それこそ、構造的に、世襲的に、常習的に。

地検は裏金問題発覚を揉み消してもらい、
幹部たちは責任を問われなかった弱みがあり、
今後も、持ちつ持たれつという関係を維持するためにも、
国策捜査をせざるを得ないのではないかと思いました。

小沢さん、「今回も不起訴」というリークが早々に飛んでいますが、
それもどんな裏事情があるのか、
よくよく注視していかなくちゃと思います。
2回目の検察審査会が「起訴」と議決すれば強制起訴されるわけだし、
どんなシナリオが進んでいるか、わかったもんじゃありません。

その小沢さんを、政治倫理審査会はもちろん、
証人喚問に呼ぶべきだと、野党のみなさんは要求していますが、
喚問しなくちゃいけない人たちは、他に大勢いると思います。

旧政権の悪もきっちり暴いてほしいと心から思います。

イラクに安易に派兵した件もはっきり検証してほしいです。

05/20のツイートまとめ

picoyai

ついに(財)全日本交通安全協会に仕分けが! 加入は強制なんだと思って免許更新の度に支払っている人も多いんだろうし、ここ変よ。
05-20 23:12

お願いできるなら、福島県のプルサーマル発電反対署名にご協力くださいまし~~☆
05-20 20:11

何だか、エネルギー、持続可能、原発関連のみなさんから、続々フォローされてる~☆
05-20 20:10

地球市民勝利す♪

グリーンピースが「熱帯雨林にもブレイクを!」
というキャンペーンをやっていたんです。
このサイトで流れる映像は、キットカットが食べられなくなるくらい、
衝撃のビデオです(食事中は見ないほうがいいです)。
もちろん私も1票を投じました。
http://www.greenpeace.or.jp/campaign/forests/nestle/?cyber

…で昨日、なんと、全世界から送られた30万人のメッセージに応えて、
ネスレ本社が熱帯雨林とオランウータン保護を約束してくれたそうなんですよ~~~~~♪
これは、地球市民が一斉に声をあげれば、
大企業だって動かざるを得ない、その好事例じゃないでしょうか~ヽ(^。^)ノ

ぜひ、福島のプルサーマルも続きたいものです。
市民の力で止めましょう!
■署名用紙はこちらです。
http://nonukesfukushima.web.fc2.com/2010_06.htm

■以下に、グリーンピースのビクトリーな記事!
http://www.greenpeace.org/international/en/press/releases/Food-and-drinks-giant-to-stop-using-products-from-rainforest-destruction/

英文サイトなので、サンフランシスコ在住のYさんの訳でどうぞ。

本日、世界最大手の食品、飲料製造販売会社であるネスレ社は、熱帯雨林の破壊につながる製品を自社製品に使用することを停止すると発表した。この発表は、ネスレ社のKitKatなどにパーム油が使用されていることを一般市民に伝えるグリーンピースによる2ヶ月に渡るキャンペーン実施後に行われたものである。パーム油と製紙用パルプ・プランテーションが拡大することにより、インドネシアの熱帯雨林及び、ピートランド(泥灰層)が破壊され、そこを住処とする絶滅危惧種であるオラウータンが絶滅の危機にさらされているのである。

グリーンピース・インターナショナル・フォレスト・キャンペーンの責任者であるピート・ヴェンディティ氏は、「ネスレ社がオラウータンに休息を与える事にしたのは、大変喜ばしいことである。これを機にカルフール社やウォルマート社といった他の国際的に展開している小売店にも同様の方針を取り入れるように訴えて行く必要がある。私たちのキャンペーンが開始してから、何百、何千という人たちがネスレ社にコンタクトし、熱帯雨林破壊につながる製品を買わないという意思表示をしたのだ。」

新しい方針によると、ネスレ社は自社に納入する業者から森林破壊につながるハイリスクなプランテーションや農場経営をしている業者を排除することになる。インドネシアの悪名高きパーム油及び製紙原料パルプ業者であるシナール・マス社といった会社にも当てはまり、ネスレ社が定めた基準を満たさない企業は、納入業者から除外されることになる。ネスレ社による決断は、シナール・マス社から買い付けを続けているパーム油取り扱い会社のカーギル社などにも影響を与えることが予測される。

「ネスレ社の動きは、シナール・マス社やその他のパーム油、パルプ製造会社に対し、熱帯雨林破壊はグローバル市場で受け入れられない、という明確なメッセージを伝える事になるだろう。各業者は、熱帯雨林破壊を停止する対策や、ピートランド保護を取り入れた事業経営に移行する必要があるのだ。グリーンピースは、ネスレ社の新方針が迅速に実行されるかをしっかりとモニターしていく。」とヴェンディティ氏は述べた。

パーム油と紙の世界需要は増え続けている。それに伴いシナール・マス社はインドネシアの森林やピートランドの開発を広げてきた。その結果、インドネシアは地球上で最も早いスピードで森林破壊を押し進めてきており、中国、アメリカに続き、世界第3位のグリーンガス放出国となっている。パーム油は、広範囲にわたる製品に使用されており、チョコレート、歯磨き粉、化粧品や、さらには地球に優しいとされるバイオ燃料にも使用されている。

グリーンピースの南アジア森林チームのリーダーであるバスタ・マイター氏は、「インドネシア政府は森林破壊を厳しく取り締まるべきである。政府は、森林破壊を停止しピートランドの完全保護を法律で定めるべきである。そして、カーボンが豊かなピートランドや熱帯雨林を保護することにより、インドネシアのパーム油製造会社、製紙会社の世評を守るべきである。これらが実現されるためにグリーンピースは、インドネシア政府及び、生物多様性の破壊と温暖化を引き起こしているパーム油製造会社や製紙会社にプレッシャーを掛け続ける計画だ。」と述べた。

Appendix

プロフィール

やいちゃん

Author:やいちゃん
福島県郡山市在住のフリーライター人見やよいと申します。「平和・環境・市民運動・脱原発」系の記事を書いています。立ち位置は、右でも左でもなく、ド真ん中王道だと思っています。こおりやま「楽笑村」 代表、原発いらない福島の女たち WEB担当、福島原発告訴団、フクシマ・アクション・プロジェクトなどで活動中。

最新記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブクログ

dff

クリックで救える命がある

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
621位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
エコロジー
18位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム