Entries

辞めることないわ、小沢さん♪

民主党内からも「辞めろ」の声が出ていると報道されています。
昨夜の太田総理の番組では、
森まさ子議員(わが福島県選出)が、
「小沢さんの会見には失望した」と発言していました。
とっても残念(>_<)

私も、小沢さんのことはあまり好きではありません。
特に、福田前総理との大連立騒動のときには、
同じ穴の狢であったか…と不信感を持ちました。

しかし、今回の献金虚偽記載疑惑と、
検察のリークによるメディアの反小沢大合唱は、話が別です。
現政権を脅かすものは、何が何でも逮捕する。
検察は常に正しく、そして説明責任はない。
都合のいいデマを、いくらでも流布することもできる…という、
国策捜査が行われているように、私には見えます。

あとで無実が証明されたとしても、
一度落ちたイメージが払拭できないのは、
菅さんの年金未納騒動でもよくわかります。
のちに、菅さんには非がなかったことが証明されましたが、
その報道は、小さく目立たないものでした。

小沢さんの存在を疎ましく思う何者かが、
今回のシナリオを書いていると思います。
政権交代を求める世論を、
ますます高めていかなければと思います。

それにしても、政界のイチローは演説が下手(>_<)
このピンチをチャンスに変えるくらいの勢いで、
逆襲できないのかしら。泣いてる場合じゃないと思う~!
球界のイチローくらい、スピーチが上手だったらなぁ…。
スポンサーサイト

日米食糧戦争

怖い怖い小説を読みました。

小説「日米食糧戦争 日本が飢える日」
著者: 山田正彦(民主党 ネクスト内閣農水大臣)
http://shop.kodansha.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=2151928

タイトルどおり、
食糧危機がやってくる近未来小説(フィクション)です。

地球温暖化・異常気象が続き、
アメリカが突如、食糧の輸出規制に踏み切って、
穀物自給率27%の日本は大パニックΣ( ̄□ ̄;
お店に行列ができるくらいならまだしも、
略奪や餓死が始まるんですね…。
非正規雇用で虐げられてきた人々は、
ネットワークを駆使して、
「食らう」ために行動を始める。
なすすべない内閣は総辞職。
さあ! 日本の未来は!

というお話。

怖いです。

非常に。

でも、この小説が、
現実にならないとは、
誰にもいえない気がします。

耕さねば。

侍たち、おめでとう♪

ichiro0.jpg

日韓対決、すごい試合だったーーー!!!
午前中は会議で見られなかったけど、
お昼からはもうテレビに釘付け!!
点を取る、同点になる、点を取る、同点になる、
あああ、なんて心臓に悪い試合…。

そして最後は、やはりイチロー!
そしてダルビッシュ!
スターが決めてスターがしめる…絵に描いたような、
最高のエンディングを見せてもらいました。

イチローくんは、
「心の中で実況しながら打席に立った。神が降りてきた」
と笑顔でインタビューに答えていましたネ。
イマジネーションの力は大きいなあ思いました♪

それにしても、
日本と韓国強いですねーー(゜ロ゜)

アジアンチームが、野球の本場アメリカより、
野球が国技のキューバより強くなるなんて、
想像もしていなかったです。
想像を超えた感動をありがとうございました。
乾杯!

CO2削減にはお金がかかる…?

17日の朝刊に載った全面「意見広告」ご覧になりましたか?
業界各社が出したものなんですけど、読んでいてハテナだらけ…。
img_2866-.jpg

「日本は世界トップレベルの低炭素社会です」
「世界最高のエネルギー効率」
「排出削減に積極的に取り組む決意」

すごいでしょー、どこの国の話かと思っちゃった!

トップレベルの低炭素っていうのは、
GDPあたりのCO2排出量から算出したものだそうで、
GDP(国内総生産)が大きい国が、有利になる計算…Σ( ̄□ ̄;
これによると、アメリカだって低炭素のすばらしい国の仲間入り♪

しかもすごいことも書いてあります。
「3%削減でも一世帯あたり約105万円の負担」

つまり、3%削減するためには、
52兆円の社会的負担(これが何かは説明なし)が必要で、
それを全世帯数で割ると105万円になるんだそうな。

「国民全体に大きな痛みが伴います」という主張を、
大々的に広告する業界の意図はいったいどこにあるのか、
しっかり見ていかなくちゃなりませんし、
この意見広告には疑問があることを投稿しなくちゃと思いました。
経済というモノサシですべての物事を考えると、
こういう結論になるんだろうなあ~と残念に思いました。

嘘ではなく本気で地球を守ろう!

グリーンTVで、おもしろい映像を見ました♪
たったの5分ですから、ぜひご覧ください。

「チャラにはできない!? 嘘と CO2」
http://www.japangreen.tv/life/#/000496

カーボンオフセットに疑問を持つイギリス青年2人が、
とってもユニークなジョークキャンペーンで、
その欺瞞を明確に提示していく内容です。

CO2を排出しても、
後進国から排出権を買えば許されるというのなら、
大切な人に嘘をついても、
お金を払えばチャラになるというキャンペーンはいかが?
そのお金は、他の人が誠実でいるために投資されます。
…と人々にキャンペーンを提示すると、
みんな、「それは問題の解決にならない」
「嘘を推奨することになる」
「そもそも、嘘をつかないようにすべき」と、
問題の本質に気がついていくのです(^-^)

カーボンオフセットに対する違和感はこれだったんだと、
私もすっきりしました。

Appendix

プロフィール

やいちゃん

Author:やいちゃん
福島県郡山市在住のフリーライター人見やよいと申します。「平和・環境・市民運動・脱原発」系の記事を書いています。立ち位置は、右でも左でもなく、ド真ん中王道だと思っています。こおりやま「楽笑村」 代表、原発いらない福島の女たち WEB担当、福島原発告訴団、フクシマ・アクション・プロジェクトなどで活動中。

最新記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブクログ

dff

クリックで救える命がある

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
1418位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
エコロジー
46位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム