Entries

アベさまの言い訳三昧記者会見。

きのうの閉会記者会見を見逃した方は、こちらに動画と書き起こしがあります。動画は気持ち悪いので書き起こし推奨です。
http://www.kantei.go.jp/jp/97_abe/statement/2017/0619kaiken.html

自分の政策の偏向を指摘されているにも関わらず、「政策とは関係のない議論」「印象操作のような議論」と明らかな詭弁を弄して、「何か指摘があればその都度、真摯に説明責任を果たしていく」と虚偽発言。さらには、農家の命綱「種子法」を廃止したくせに、「全農改革や酪農改革」と胸を張る。獣医学部新設についても、「プロセスに一点の曇りもない」と言った審議委員は、アベ友、類友、利害関係者。本当に後ろめたいことが何もないのなら、前川さんを国会に呼ぶことにも反対しなかったはず。
質疑応答に移ってからは、毎日新聞の高山記者、TBSの岩田記者、ロイター通信のシーグ記者、NHKの原記者、日本経済新聞の島田記者、フジテレビの西垣記者と、おそらく予定調和の人たちばかりが指名され、東京新聞の望月記者は挙手しても指名されない…。本当にアベさまの言い訳のための記者会見だったと思う。
スポンサーサイト

共謀罪、いつか廃止にするぞと!

20170615.jpg
きのう、行われた暴挙を絶対に忘れないぞと書いておく。
おととい朝の段階では、ヤマモト・カネダ2大臣の問責決議案の採決が行われるだけだったはずなのに、与党は「委員会採決を省き『中間報告』で採決したい」と言い出した。これは「特に必要がある時に限り」認められる禁じ手。圧倒的多数の与党が何を急ぐのか。審議を打ち切り、討論時間も制限し、無理やりに採決・成立へともっていった。しかも真夜中から未明にかけての国会なんて、どれだけの人が見たというのだろう。
行政のあり方を歪め、国会審議も歪めた安倍政権。虚偽答弁、個人攻撃、はぐらかし、民進党批判に明け暮れる安倍政権。きょうは野党のみなさん、ヤジを封印して真っ向勝負でお願いしたい。都民のみなさん、都議会選挙で与党と維新に鉄槌を下してほしい。
そして希望の会のみなさん、本当にありがとうございました。

東京新聞・望月衣塑子記者の質問、書き起こしちゃった!

6月8日、菅官房長官に食らいつく望月衣塑子記者。
アベ政権に再調査を決意させたのは彼女なんじゃないかと、ざっくり書き起こしました。

suga1.jpg
望月:週刊文春にも出ていたんですが、取材によりますと、前川前事務次官の告発の問題で、読売新聞が出会い系バーを報じた前日に、現役の文科省の初等・中等教育局長の藤原さんから、お電話で秘書課の泉さんが会いたがっているというお話があり、そういうことをちょっと考えさせてくださいと回答していた同じタイミングで読売新聞さんの取材も入ったと。翌日に出会い系バーの報道が出たというのがありました。このことについて、泉さんが文春の取材には否定しているんですが、菅さんは何かご存じでしょうか。

菅:まあ、本人が否定しているのですからその通りじゃないですか。

望月:つまり、藤原さんからの

菅:名前、言って。

望月:東京新聞の望月です。藤原さんからの働きかけは、藤原さんに泉さんがお願いをして、会いたいという働きかけはしていないと。

菅:私は承知しておりませんけれど、本人が否定するんであればそうだと思います。

望月:東京新聞・望月です。そもそもですね。出会い系バー通いについては、杉田副長官が、昨年の秋に注意をしているということですが、これ前回、そのこと、調べさせているのかということについて、「承知はしていない」というご回答だったと思いますが、杉田さんはこういう記者会見がないので、その時期になぜ前川さんのそういう行動が把握できたのか、これ、官邸は基本的に、全省庁の事務次官の行動確認等を行っているのかどうか、これ、たまたまだと思うのですが、同時期に読売新聞社さんの社会部さんも取材しているということで、これ何か、読売新聞さんの取材と関連性があるのか、について、「承知していない」ということなんですけれども、杉田副長官に確認して、実際なぜこの時期にそういうことを知りえたのかをお聴き願いたいんですけれども。

菅:あの、まったく今、言われていることは、私は失礼な話だというように思います。報道社に対してもですね。そこは直接、そちらに取材されたらどうですか。私が答える立場ではありません。

望月:東京新聞・望月です。公文書管理についてですね。福田康夫元首相もですね、今回、「安倍政権の公文書管理というのはなっていない。森友の件も加計の件もそうで、保存のために作った法律を、廃棄の根拠にしている。官僚もどこを向いて、仕事をしていいのか、国民のことを蔑ろにしているのではないか」というふうに言っておりますが、公文書管理の取り扱いについての、加計文書の告発が相次いでいるんですが、いまや前川さんだけじゃなく、複数の方の告発が報道等でいっぱい出ております。現状ですね、このことについて、もう一度真摯にお考えになって、文書の公開、第三者による調査というのは、お考えじゃないですか。

菅:あのー、そこについてはですね。我が国は法治国家ですから、その法律に基づいて、適切に対応している、こういうふうに思います。

望月:東京新聞です。望月です。昨日、民進党の質問等でも出てますが、匿名で出所がはっきりしないことについては調べられないとのご回答出ておりますが、公益通報者保護法のガイドラインを見てもですね、「匿名による通報についても、可能な限り、実名による通報と同様の取り扱いを行うよう努める」と出ております。法治国家ということであれば、この保護法のガイドラインに沿って、この文書があるのかないのかを、やはり真摯に政府の方で調べるということをやっていただけないかと思うんですが。

菅:まずですね。あの、民進党の方から文書の提示があって、それについて文部科学省の方で調査をした結果、文書は確認されてないという報告があります。そのうえで、さまざまな指摘を踏まえて文部科学省において検討した結果、「出所や入手経路が明らかにされない文書については、その存否や内容などの確認の調査を行う必要はない」と判断したと、こういうふうに承知をしております。これ、2回目のやつですよね。現在もそうした状況に変わりはないと考えておりますが、いずれにしろ、文部科学省において考えられるものだというふうに思います。

望月:東京新聞・望月。その「共有フォルダになかった」というご回答が政府から出て、その後に、「共有フォルダにあって、現在でも複数の文科省の職員がこれを持っている」という匿名の告発が出ているですね。それなのに、それ以降も、もう一歩踏み込んで、本当に共有フォルダにあったかないかを文科省や政府でなく、第三者によって適切に調べていただきたいと思っているんですが、これはどうでしょう。

菅:あのーそこはですね。あのー文部科学省の方でですね。そのいろんなことがあった後に、その指摘を踏まえて、検討した結果ですね。「その存否や内容などの確認の調査を行う必要はない」と判断をしたと、そういうふうに報告を受けています。

望月:東京新聞・望月です。判断をしたのは、文科省ということだというお話をしておりますが、これ松野大臣には、質問集中してますが、基本的にですね。取材をする限りでは、文科省の判断というよりも、官邸の最高レベルである安倍総理であり、官房長官の菅さんの判断がなければ、ここに踏み切れないのではないかと。というので私、文科省が判断したというよりも、安倍総理、菅さんたちがこのように判断しているということではないかと思うのですがどうでしょうか。

菅:そこはありえません。それはそれぞれ役所において判断をすると、それに尽きます。

望月:もう一つですが、加計学園に絡んで、前事務次官が「1月5日に、松野大臣に辞意を、天下りの関連で表明をした」と話しております。そこで、松野大臣に杉田副長官にそのことを伝える許可をいただいて、杉田副長官にその主旨を伝えに行ったということです。前回の質問では、「杉田副長官が、その時に『3月の定年まで居させてくれ』と言って、それ以外の複数の証言を得ている」ということを官房長官ご自身がお話したと思うのですが、えーと、たぶん、松野大臣と杉田さん以外に、関係者、いらっしゃらないと思うのですが、複数という方が、公人であるならば、どなたがそのように言ったか、教えていただけませんか。

菅:あのー、複数であることは、あのー、もちろん承知しています。

望月:望月です。すみません、どなたが? 杉田さん以外に。松野大臣はこのことについては「ノーコメント」と言っておりまして、「菅さんのお話も、前川さんのお話も、どちらについても言えない」という板挟みなのかなという状況で。

菅:いえいえ。

望月:松野大臣は、官房長官には、辞意を表明したのではなく、「3月まで居させてくれと前川さんが言っていた」というふうに、お伝えしているんですか。

菅:あのー。この件について、大臣とは直接話してません。ただ、いずれにしろ、そうした人事については、前さばきを、事務の副長官、人事のところで行ってますので、そういう中で私に、報告があったということです。

望月:すみません、望月です。そうすると、杉田さん以外にどなたがそのような前川さんが辞意を伝えていたかも、名前を出すことはできないということですか。

菅:もちろん、私は承知しておりますけれども。まずですね。定年延長について、あの、1月上旬に、文部科学省の方から打診があったことは事実です。これ、1月上旬です。さらに言えば、定年延長の話があった後に、前川氏本人から、副長官に対して、「せめて3月まで次官を続けさせてほしい」という話があった。このことは昨日、国会で、訊かれたものですから、申し上げております。

望月:文科省の方から打診があったということですが、これはどなたからそのような打診が。

菅:それは、前川さんがよく知ってらっしゃると思います。
はい。次。よろしいですか、もう。

望月:あーまだ…。加計じゃない話なので…。


<別な男性記者の質問>


望月:関連です。先ほどから何回も訊いておりますけれど、これ、政府が作った公益者通報制度の精神に、匿名などの出所不明は扱えないというお話は、この法の精神に反するのではないかと。このことについて、的確なご回答をいただけてないと思うので、お答えいただけますか。

菅:いま、私が申し上げた通りです。

望月:東京新聞です。先ほど、「ウソだとは、文書についてウソだとは言っていない」と、文書についてですね。という発言、私は初めて聞いたと思うのですが、これ、一番初めに出たときに、「怪文書」というふうに厳しくご指摘されておりました。これ、広辞苑で引きますと「無責任で抽象的、暴露的、出所不明な文書」と非常に強い、本物ではないという言い方をされていたと思うのですが、現在、この文書について「ウソだとは思わない」ということ。

菅:ちょっと、いま、分けてください。私がウソじゃないといったのは、この間、表現をされました、告発というんですか。それについて、文部科学省で検討した結果、「出所や入手経路が明らかにされない文書については、その存否や内容などの確認の調査を行う必要はない」と判断をしたと。こういうふうに私は申し上げてます。現在もそういう状況に変わりはない。

望月:くり返しですけれど、この文書の調査でも、現在、前川さんの証人喚問が必要だの賛成が86、内閣の支持率は22%というところまで、これ、日経のオンライン調査でもこのくらいの数字が出ております。つまり、調査の必要がないという、ジャパンタイムズさんのお話と同じですけれど、政府の姿勢がやはり、国民の理解を得られていないと。そこが、最大のポイントだと思うんですが、これ、いま政府側の文科省側の回答が、国民にとってまったく納得理解できないものになっていると。このとこについて、菅官房長官、どうお考えですか。

菅:ですから、それは法律に基づいて適切に対応していく。

望月:話題は変わります。東京新聞・望月です。元TBSのワシントン支局長だった山口さんの準強姦事件での不起訴不当ということで、検審に申し立てをした詩織さんの関係での質問です。詩織さん以下、関係者等の取材を続けておりますが、元々、高輪署で準強姦の逮捕状を取り、それを現役の刑事部の検事のOKを取り、警視庁1課の本部に事前に根回しをし、警視庁の広報にも根回しをしていたうえで、6月に帰国する成田に帰国する山口さんを待ち伏せしていたところ、菅さんの元秘書官である中村格さん、当時の刑事部長さんが、「まあ、逮捕はするな」ということになり、任意での聴取に切り替えたというでした。これですね。私、15年くらい事件取材をしておりますが、今まで、警視庁の本部の広報にまでしっかり根回しをしていた事案が、時の刑事部長お一人の判断で、簡単に覆っていたということ、(事務方から「質問、手短にお願いします」)すみません。聞いたことがありません。このことについていま、菅さんがどうお考えになっているか、お聞かせいただけますか。

菅:まず、あのーーー、いま、名前出ましたけれども、その方は私の秘書官でもありましたけれども、民主党政権の中でも秘書官をやっていたということを私はご指摘をしたいというふうに思います。私は内容についてはまったく承知しておりません。

望月:事前に中村さんからのご相談等はなかったという理解でよろしいんですか。

菅:ありえるわけないです。そんな。

望月:すみません、東京新聞です。古賀茂明さんが、元経産省の古賀茂明さんが書かれた『日本中枢の狂謀』の77ページに、2015年の1月23日に「I amnot ABE」発言を古賀さんがされた際に、その報道ステーションの番組を、菅さんと一緒に見ていた同じ中村さんがですね。(事務方「質問簡潔にお願いします」)はい、すみません。電話を、それを見た直後に、まず、当時の報道センター長、テレビ朝日の報道センター長に電話を入れて、電話に出なかったので、その後、ショートメールで、「古賀は万死に値する」という文面を送ったという記述がありました。これ、当時、その場に菅さんがいたという記述になっているんですが、ご記憶等ございますか。

菅:まったくデタラメです。そんなことありえない。一緒にテレビなんか見ることがありえないでしょう。それと、先ほどの捜査の中で、警察署が行った捜査に関して、警察本部が適正捜査の観点から指導を行うというのは、通常あることであるというふうに聞いています。

望月:東京新聞です。それは通常あることでありますし、あの、時の中村さんが知って、これは問題だ、トップの判断が非常に大きく影響したのはわかるんですが、関係者取材してますと、なぜこのくらいの、まあ、ある意味、一人の人の準強姦という軽微な事件で、そこまでのストップがかかったのかと。これはやはり被害者の詩織さんが、一番心を痛めております。これ、逮捕されようがされまいが、捜査をもっと、逮捕した上で捜査を尽くして(事務方「度々申し上げますが、回答に必要な質問だけでお願いいたします」)やはり十分な捜査をするには、きっちり身柄を取った上で調べるというのがやはり本筋だったのではないかと思いますけれど、この中村さんの判断に特に問題はないというお考えでよろしいでしょうか。

菅:まずですね。私、それについては、まったく承知しておりません。そして、警視庁において必要な捜査が尽くされて、また検察庁で不起訴処分になったと、こういうことであります。


<別な男性記者の質問>


望月:東京新聞です。加計に戻ります。石破4条件について満たされているとご回答。2日前の質問の際、いただいてますが、当の石破さん自身は、「この4条件が適切に満たされていないんじゃないか」と回答を各種報道にされて、取材に答えております。意見の相違があるんですが、どう思われますか。

菅:それはその、4条件を満たされていることを、それは、国家戦略諮問会議で認めて、当然、3大臣が、大臣の中で検討しているわけですから、それに尽きるんだろうと思います。

望月:東京新聞です。ということは、当時、この4条件を設定された石破さんが満たされていないと言っても、現在の大臣である山本大臣が満たされていると、需要についても「神の見えざる手というのがある」というちょっと不可解なことをお話しておりますが、その山本さんが満たされているという理解だから、これは満たされていると。

菅:山本大臣の他に、文科大臣も、農林水産大臣も、3大臣で決定されたことですよ。

望月:すみません。東京新聞・望月です。また出会い系バーなんですけれども、前回「教育者としてあるまじき行為」という文章、これ、ちょっと私、文章を読み上げているように見えたんですが、この文章は、菅官房長官の個人的なご見解のことでしたが、文書にしたためていらっしゃるんですか。

菅:いや、私自身がそう心から思っていることを申し上げたにすぎません。

望月:文章を読み上げているように見えたんですが、何か、文書にしたためられたのは、官房長官ご自身が?

菅:私、あなたにそれを答える必要ないと思います。


<別な男性記者の質問>


望月:出所不明を繰り返されてますけれど、それ、現役の職員の方がですね、自分の身の危険を冒しても、告発に出ていると思うんですが、しかも複数です。これをもしどなたかが、実名での告発に踏み切った場合、適正な処理をしていただけますか。それからその方の公益通報者保護制度の精神に基づいて、きちんと保護されたうえで、その実名の方の意見というのを聞き入れていただけるんでしょうか。

菅:あの、仮定なことについて、答えることは控えたいというふうに思いますけども、いずれにしろ、文部科学省でそこは判断する。こういうふうに思っています。

望月:東京新聞・望月です。仮定とかではなく、出所不明だから調べられないということを繰り返されてますけれど、出所を明らかにして私が現役の職員であり、このメールはありましたと。いうことをどなたかが勇気をもって告発を実際にされた場合に、それはその方のお話を元に、きちんとした調査を行っていただけるかどうか、なんですが。

菅:ですから、仮定のことに答えることは控えたいと思いますが、そうしたことをいま、申し上げておりますから、文部科学省において、そこは判断をすると、そういうことに尽きるんじゃないでしょうか。

事務方「同主旨の質問はお控えいただけるようにお願いします」

望月:何の質問ですか? (事務方「同じ主旨の質問を繰り返しするのはやめていただきたいと思いますのでお願いします」)きちんとした回答をいただけてると思わないので、繰り返し訊いています。すみません。つまり、すみません、東京新聞です。つまり、出所が明らかに、どなたかの告発に至っても、今のご回答だと、政府として、それを真摯に汲んで調べるかどうかは回答保留というか、回答できないというご回答ですね。そういう理解で。

菅:仮定の質問に答える立場にありません。いずれにしろ、その時点で文部科学省において考えられると、こういうふうに思います。

事務方:よろしいですか。
菅:ありがとうございました。

おおさか維新の足立議員、公述人に暴言三昧。

20160225.jpg
足立康史議員(おおさか維新の会)の質疑が無礼過ぎて思わず書き起こしちゃった!
「郷原さんは、専門家じゃないんです。政治家なんです。政治屋なんですね。私はこういう形で、この予算委員会のこの場で、そうした売名行為をされたことについて、批判を申し上げて、質問を終わりたいと思います」で結ぶまで、郷原さんに何の恨みがあるのか、ただただ侮辱しまくり、暴言三昧。何、この人? 足立議員には、辞職勧告が必要では。

動画の6分過ぎから。
足立 「郷原公述人、きょうはありがとうございます。あの根本的なとこからなんですが、個別の話じゃなくてね。あの山下委員がおっしゃったように、私も実は同じような感覚を普段からもっていまして、予算委員会でこの話やるかと、いうことはあります。予算委員会以外にも国会にはさまざまな取り扱う場があって、そういう場でやるべきだよなと。いま、政党間で、いろいろ議論があります。そういう意味では、この問題はですね、政治家の問題ですから、基本的には国会の中で、政党対政党で、議論をするべきものだと思っていますが、その場に、郷原先生のような所謂専門家が、特に法曹界、元検事であられる先生がわざわざこの、おそらく民主党の推薦だと思いますが、山ノ井さんなのか今井正人さんかわかりませんが、そういうご要請に基づいて、特定の政治的ポジションを代弁するかのような、風にとられてもおかしくない、ここにお出ましになられた、そのこと自体についてね、どういう整理で来られているのか、ぜひ、ちょっと。公述人の方に、なぜ来たのかというのは大変失礼だと思いますが、これは大事な問題ですので、ぜひ専門的見地からご答弁ください」

郷原信郎 「あの、わたくしの話を最初から最後まで聴いていただければたぶんご理解いただけたと思うのですが。わたくし、組織のコンプライアンスを専門にしております。組織がどうやったら健全に社会の要請に応えていくのかということを、常に日ごろから考え、そのための活動をしております。今回の問題というのは、わたくしは、広い意味で公的な機関が、どのようにしてきちんと役割を果たしていくのかということに関して、まず、国民の信頼がなければならない。その信頼の前提が損なわれようとしているところに、重大な問題があると考えてきました。それだけに、ずっと言っておりますように、まさに、およそ想定できなかったような絵に描いたような事案が、発生していることに対してわたくしはずっとブログ等でも意見を言ってまいりました。それを、国会審議の参考にされたいということであればわたくしはコンプライアンス論の立場から、しっかり意見を申し述べるべきだろうということで本日、参りました」

足立 「こだわるようでありますが、今まさに、先ほど私が申し上げたようにですね、この問題に対しては甘利前大臣の問題については、国会でも再三取り上げられ、また、当局が、捜査等に動いているかどうか、わかりませんが、動くべきものであれば動くでしょう、当然ですね。当たり前のことです、これは。法律に基づいて。そういう中で、私の理解では先生のような、所謂法曹界の専門家の方はですね、特に政治的問題について、特定の政治集団から、法的なアドバイスを求められれば、法的アドバイスをその政治集団にすればいいのであって、こういう公の場で、その専門的知見を、開陳することはですね、逆に郷原公述人の、まあ、なんていいますかね。外形的公正性というか、そういうものを、著しく棄損していると。普通は、普通の人はですね。あ、郷原さんは民主党の応援団なんだなと。ま、こう思ってですね。今後、郷原さんには仕事を頼まないということになると。私は、普通、そう思いますよ。ど、どうですか?」

郷原 「あの、繰り返しお答えしなければならないんですが、先ほどから申し上げているように、わたくしは、基本的にこの問題をですね、組織のコンプライアンスの観点からも、重大な問題だという考え方を持っておりますので、どちらから呼んでいただいても、同じ答えをしてます。どの党であれ、おんなじ答えをしてます。それは言うべきだと考えていることを、世の中に対して、どこかからか依頼を受けて、こういう場で言ってくれと言われればわたくしは申し述べます。それが、特定の政党とか会派にプラスになる、プラスにならないというのは、それは最終的にそれが正しいか、正しくないかは、世の中が評価すべき問題でありますし、社会が評価すべき問題であり、最終的には国民が評価すべき問題だと思います」

足立 「あの、郷原公述人は、実は我々維新とも大変深い関係であられます。2015年の10月21日付で、『弁護士たる政治家としての橋下徹氏への疑問』というブログを公開されています。そのブログで何が書いてあるかというと、維新の党が分裂をするときに、維新の党が分裂をするときにね。その2つの集団の中で、我々、偽新と呼んでいますが、維新の名を未だに、ま、やっと維新の名前を返してくれるというんでほっとしていますが、その偽新の党と、おおさか、元々発祥の原点である、おおさか維新の会が分党騒ぎになったとき、これ、郷原さんはその所謂、特定の今井幹事長側に立って意見書を書かれました。それもですね、意見書を出すだけじゃない、それをネットに公表されました。それ何でですか」

郷原 「あの、その問題は、ブログでも正確に説明しているはずです。わたくしは、そのとき、維新の党の方から、法律の専門家としての回答を求められ、あくまで、法律の専門家としての立場で、意見書を書きました。それとは別に、法律家として、弁護士として、橋下徹氏のやり方には、多々、誤りもあり、日ごろから思っている点もあるので、あわせてブログで批判をしました。というふうに、整理をして考えていただきたいと思います」

足立 「ありがとうございます。あのね。郷原さんは、郷原さんは、5年前の、4年前か。初めてのダブル選挙。去年の11月のダブル選挙も勝利をさせていただきましたが、我々が最初に大勝利を与えていただいた4年前、5年前、4年前かな。11月のダブル選挙でありました。そのとき郷原さんは、民主党から大阪の府知事選に出馬を要請されましたか」

郷原 「あのーそういうことをおっしゃるんであれば、もう少し背景も含めて、正確に事実を確認してから訊いていただきたいと思います。わたくしは最初に確かに、まだ話がはっきり固まっていない段階で、民主党、自民党、公明党の3党が推薦するような形での、知事選への対応という話があり、検討したことは間違いありません。しかし諸般の事情があり、最終的にはそういう話はお請けいたしませんでした。それだけの話です」

足立 「当時2011年10月22日の報道で、郷原さんは、そういう出馬の話があるのかということに対して、マスコミに対して、知事の仕事に以前から関心があったことは確かだということで含みを持たせておられます。おそらく民主党の平野先生からアプローチがあったんだと。何日か後に、府庁で、大阪府庁で会見をされて、やっぱりやめたと。こういう、結局、郷原さんは、専門家じゃないんです。政治家なんです。政治屋なんですね。私はこういう形で、この予算委員会のこの場で、そうした売名行為をされたことについて、批判を申し上げて、質問を終わりたいと思います。ありがとうございました」

議長 「静かにしてください。静かにしてください、ちょっと静かにしなさい。ちょっと待ってください。あれ、あれ、静かにさせてくれる。静かにしてください。あの、与党の理事のみなさんにお願いします。今の件で、今の足立くんの質疑について、理事会で議論をしたいという申し入れがありましたので、これは与野党の理事でしっかり議論していただきたいと思います」

いや、わたしはたまたま足立議員のところだけ聞いたんだけど、他のおおさか維新議員も酷かったらしい。
郷原信郎が斬る「独立URのコンプライアンスの視点から見た甘利問題
詳しくは、「郷原信郎が斬る」にて。


市民連合と野党共闘! 福島でも!

昨年の夏は、「アベ政治を許さない」に始まって、「なんか自民党感じ悪いよね」「憲法知らない総理はいらない」「国会休む総理はいらない」と続き、「野党は牛歩」「野党は手を取れ」「野党は共闘」に変わり、いろんな言い方で叫びまくった。国会議事堂前、代々木の集会、郡山の駅前、いろんな場所で叫んだ。アベ政権の一強多弱を嵩にきた強権ぶりに、アベ政権の話の通じない反知性ぶりに、うんざりしながら連日叫んでた。その頃の写真が、もう数年前の出来事みたいに懐かしく感じる~。
page20160220.jpg
そもそも、得票2割強の支持しかない自民党が、野党が分散して議席を減らしているせいで過半数の議席を奇跡的に得ているだけなのに、好き勝手のし放題しているこの現状はとてもおかしいわけだし。。。「中国のミサイルが~」だの「北朝鮮の危機が~」と煽りながら、国内では何よりも危ない原発が再稼働されていることも非常におかしいわけだし。。。さらには、憲法という国の根幹である決まりごとをアベ政権が自由にしているのが異常なわけで。。。国会よりも先にアメリカ議会で施政演説的なことをしてしまったアベは、「いったいどこの州知事なんだい?」って話なわけで。。。だからこそ、野党が分散するのをやめて手を取ってほしいわけで、昨年以来、「野党は共闘」はわたしの切なる願いになった! うん!

そんなときに小耳にはさんだのが「ふくしま市民連合」発足の噂だった。「2月2日に郡山市のビッグアイで準備会が開かれる」というので参加してみた。参加者の多くが、「アベ政治を許さない」のタグをカバンにつけて集まってきていた。同志だなと感じた。憲法9条を無視して集団的自衛権を容認した安保法制を廃止する、立憲主義・民主主義を取り戻す、原発全基廃炉を目指す、そんな基本方針が決まった。
市民連合立ち上げを呼びかけたのは、「安全保障法案に反対する福島県大学・短期大学研究者の会」の研究者たちだ。各野党から同じくらい距離を保ちながら働きかけること、中核派などセクトやカルトの関係者が加わっていないことを、しっかり確認した(ここ、超~~~大事なこと!)。

ふくしま市民連合

その後、2月17日に、市民連合による野党3党訪問と県庁での記者会見に、ご一緒させてもらった。
↓その映像はこちら。
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/287624

12647228_920966687981426_4740474798033134333_n.jpg
2月28日の発足会と3月下旬の公開討論会が決まり、出遅れ感のあった福島県もやっとこさ動き始めた。「野党共闘」の背中を市民が押すために、男女共生センターに集まろう!

そして、昨日はついにビッグニュース! ビッグウエーブがやってきた!
民主、共産、社民、維新、生活の5野党が、選挙協力&安保廃止の方針を一致させたのだ。
中でも共産党は思い切ったと思う。擁立してある候補者を取り下げる可能性も示唆しているのだから、この覚悟と決断には他の4党も感謝し見習わなくてはならないと思う。そしてこれからも、いろいろな思惑や面子や意見のくい違いが出てくるだろうけれど、党利党略を捨てて、民衆のために団結してほしい。ここで、どの党が、どんな動きをするかも、しっかり見て記憶に刻んでおこうと思う。
日本の民主主義はこれからだねー。なんか、ワクワクするねー。

Appendix

プロフィール

やいちゃん

Author:やいちゃん
福島県郡山市在住のフリーライター人見やよいと申します。「平和・環境・市民運動・脱原発」系の記事を書いています。立ち位置は、右でも左でもなく、ド真ん中王道だと思っています。こおりやま「楽笑村」 代表、原発いらない福島の女たち WEB担当、福島原発告訴団、フクシマ・アクション・プロジェクトなどで活動中。

最新記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブクログ

dff

クリックで救える命がある

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
1078位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
エコロジー
28位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム