Entries

東北ブロック母と女性教職員の会岩手県集会

盛岡繋温泉で行われた「東北ブロック母と女性教職員の会岩手県集会」に参加してきました。2日目の第1分科会の話題提供者としてプレゼンしてきたのですが、テーマは「子どもの人権と教育」…って、ぜんぜん詳しくないし…(*^。^*) 周りは子どもの人権や教育のプロばかりだし…。
20160925a.jpg
そこで、ブータン、キューバ、コスタリカの教育事情。中でもコスタリカの民主主義についてお話ししてきました。
子どもの頃から、選挙に積極的に関わり、子ども模擬選挙も行う子どもたち。選挙はとても身近にあり、自分の権利の侵害についても敏感。何かあれば、最高裁判所に訴える手段も持っているコスタリカ人。「話し合う、相手を認め合う、歩み寄る」という問題解決法。そんなお話をしたら、小中高の先生方から出た言葉がとても衝撃的。

「学校では、生徒会選挙が行われなくなっている」
「クラスの代表を選んで話し合って委員長を決めている(閣議決定?)」
「選挙はあるけど、実質、信任投票のようなもの」
「校長から『負けた子どもの人権を守らなくちゃいけないから選挙はしない』といわれている」
「選挙が人気投票になったり、いじめにつながったりする」
「選挙や民主主義について教える機会がほとんどない」

さらには、
「選挙が始まると『教師は中立を保つように行動してください』というお触書が職員室で回される」
「若い先生から『え~〇〇先生は投票に行かれるんですかぁ~?』と驚かれることがある」
「政治的な発言は学校では大ぴらにできない」
などなど、びっくり仰天。こりゃ、投票率が伸びないわけだわ。社会を変えるには、私たちのお金の使い方を決める政治家を変えなくちゃいけないので、必ず投票に行きましょう。どうか、お願い。
スポンサーサイト

七夕プロジェクト☆

6日の前夜祭と、7日の七夕プロジェクトに参加してきました。
page2013-07-08.jpg

6日の夜は、国分寺にある「カフェスロー」という場所で前夜祭が行われたんだけど、ここがもう~、何とも居心地がいいというか、懐かしいというか、癒されるというか、素敵なところでした。このところのササクレだっていた心が、入口の「ここからはじめる世」「さよなら原発」の横断幕を見た瞬間から、クールダウンしました。

100万人の母たち 七夕プロジェクト

このプロジェクトは、写真家の亀山ののこさんが呼びかけたアクションで、「7月7日11時に首相官邸前に集まり、脱原発・脱被ばくを願う短冊を首相に届けましょう」というもの。「いのちが大切」という、人として、動物として、いやいやDNA的にも「根源的な願い」を表現するものなので、心に響くのかもしれないなあと思いました。

7日は、新聞報道によると「500人」の参加だったらしいです。暑い中、参加者が続々集まってきました。
とにかく暑かった~。東京で七夕に晴れる確率は3割程度だそうです。いかに参加者の心がけがよかったか、って話ですよね。手作りスタッフ章(フェルト製でかわいいの)をつけてピースキーパーをしていたのですが、そんな役目は必要ないくらい、みんなHAPPY。同じ願いの仲間たちにも会えたし、ゼロノミクマくんにも会えたし、素敵な週末でした。

ちなみに、わたしの近々の願いは、「脱原発派の議員さんがたくさん誕生しますように」です。そして、脱原発を願う人たちが手をつなぎあえますように。

支援法郡山フォーラム+モンサント映画。

2013-05-17.jpg

きょうは、支援法郡山フォーラムと、「モンサントの不自然な食べ物」の自主上映会をハシゴしてきました(そういう人が多かったらしく、同じメンバーを両方の会場で発見♪♪♪)。

子ども・被災者支援法(2012、6、21成立)ができてから、約1年が経とうとしているのに、いまだに決まらぬ基本方針。支援法を超党派で立法したものの、年間何ミリ圏内を支援対象とするのかも、肝心の支援法の中身も、当事者の福島県民がよくわかっていない状況で、このまま何も具体策が出ないまま、先日の「パッケージ」で終わりなんじゃないかと、不安ばかりが募るこの頃です。各地でフォーラム(学習会)を開きながら、周知と世論形成にがんばってくださっているFoe―Japanや市民会議の皆さんには、本当に感謝です。

続いて「モンサントの不自然な食べ物」の上映会。種子と牛耳る多国籍企業モンサントの恐るべき戦略を描いたドキュメンタリーで、何だかもう「ああーーーあ・・・・」ってため息ばかりでしたε=( ̄。 ̄;)

「地球(いのち)のつどい」

今年も3月がやってきます。「原発いらない福島の女たち」では、「原発いらない地球(いのち)のつどい」を開催することになりました。3月23日11時~、あづま総合体育館で開かれる「原発のない福島を!県民大集会」の後、そのままご参加ください。

ちらし

「労働被ばく」「鮫川村焼却炉・塙町バイオマス」「原発事故子ども・被災者支援法」「IAEA」など、福島で起きている問題を知る場になるはずです。何が起きているかを知り、どうしたらいいか考え、具体的に動き出す2日間になったらいいなと思っています。特に県内のみなさんに集まってほしいな~。
3月23~24日、どうぞ、よろしくお願いします。

「誓いのキャンドル・ナイト」始めました。

みなさーん、今年の311はどのように過ごす予定ですか?
昨年は日曜日で、私は開成山球場で行われた「福島県民大集会」のステージで、「福島に生きーる!」なんて叫んでいましたが、今年は月曜日です。平日なので、福島県平和フォーラム主催の「県民大集会」は3月23日の開催。「でも、やっぱり311は特別。何かしたいね」と、原発いらない福島の女たちの定例女会議で議題になっていました。
そこで先月の女会議で「キャンドル・ナイトがしたい」と提案したところ、みんなからもいろんなアイデアが寄せられて、どんどんイメージがふくらんでいきました。そこから生まれたアイデアはついにこんな形になりました。

いのちを想う「誓いのキャンドル・ナイト」
きゃんどるさいと

参加はとっても簡単。311当日、キャンドル・ナイトをどこで過ごすか、どんな想いを祈るかなど、メールでお知らせいただくだけです。または311後に、「こんなふうに行いました」と、ご報告ください。みなさまから送っていただきました「想い」は、こちらのサイトで紹介させていただきます。
みなさん、ふるってご参加くださいませ!


さてさてここからは私個人の想いなんですが、少し…「デモ」に疲れてしまいました。元々、人を責める言葉を使うのがとっても苦手なんです。攻撃的な言葉は精神的にしんどいのです。「甘い! 甘っちょろい!」って叱られてしまうかもしれませんが、「人を変えるためには自分が変わらなくちゃ」と考える方なので、「自分として何ができるかを考える日にしたいな」っていうのがずっと心の中にあって、この「誓いのキャンドル・ナイト」につながっていきました。
まあ、「すべての山を登れ」が今年のテーマです。いろんなやり方を試してみたいので、311はキャンドルに祈ってみます。

Appendix

プロフィール

やいちゃん

Author:やいちゃん
福島県郡山市在住のフリーライター人見やよいと申します。「平和・環境・市民運動・脱原発」系の記事を書いています。立ち位置は、右でも左でもなく、ド真ん中王道だと思っています。こおりやま「楽笑村」 代表、原発いらない福島の女たち WEB担当、福島原発告訴団、フクシマ・アクション・プロジェクトなどで活動中。

最新記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブクログ

dff

クリックで救える命がある

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
630位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
エコロジー
19位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム