Entries

「がんばれ検察審査会」「ストップ!汚染水」院内集会。

昨日24日、「がんばれ検察審査会」東京地裁前行動、院内集会、「ストップ!汚染水」院内集会と、次々ハシゴをしました。現在、審査が行われている審査会で「起訴」という結論が出れば、市民の手で東電旧経営陣3人を強制起訴ができるのです。いよいよカウントダウンが始まった気がします!
spage2015-03-24-1.jpg
院内集会では、落合恵子さんから素敵なメッセージ。生活を大切に、それぞれのやり方で、一歩ずつ社会を変えていけたらいいなと思います。
わたしからは、312に行われた汚染水緊急政府交渉の報告をさせていただきました。非常に腹立たしい報告をしているのに、会場からは笑いの渦。汚染水と新規制基準は、もう、笑うしかないくらい酷い有様ってことですね…。
spage2015-03-24-2.jpg
夜は「ストップ!汚染水」院内集会。汚染水の外洋放出について、ALPSでの処理について、佐藤和良さん、阪上武さん、海渡雄一弁護士から説明を聞きました。脱原発福島ネットワーク、ハイロアクション福島等の団体で、「ストップ!汚染水」の国際署名を始めることも確認しました。
spage2015-03-24-3.jpg

「ストップ汚染水!キャンペーン」国際署名

2015.3.24 これ以上海へ流すな!ストップ汚染水!院内集会


2015.3.24 福島原発告訴団 がんばれ検察審査会!院内集会&検審前行動


スポンサーサイト

「次はいよいよ強制起訴だね」って囁くわ。

2月3日に東京地検、昨日9日に福島地検で行われた「不起訴処分説明会」に参加してきました。

その模様はこちら。
福島原発告訴団ブログ
(1)納得いかない「不起訴理由説明会」(2015-2-3)
(2)やっぱり納得いかない「不起訴理由説明会」(2015-2-9)

ここまでの経過はみなさまご存知の通り、福島原発告訴団が、「原発事故の責任を問え!」と訴えを起こしたのですが、被疑者全員に「不起訴」の決定が下り、東京検察審査会に申し出を行いました。東京第五検審では、な、な、なーんと、「勝俣元会長ら3名を起訴すべき」という嬉しい議決が出て、東京地検は再捜査を行っていたのですが、先月22日に再び「不起訴」の判断。現在は再度、検察審査会にかけられている状況です。

で、検事さんたちから、「どうして不起訴なのか」という説明を受けたのですが、かいつまんで説明すると、「東電が事故を起こしたこと、被害者がたくさんいることは、疑いようのない事実だけど、刑事罰を与えられるほどの重大な過失は、残念ながら認められないので、不起訴なんだよー」という話でした。

いやいやいやいや! 「コストがかかるから安全対策はやりたくない」という東電の姿勢は、さまざまな証拠があり、証人がいることなんです。どうして、検察が起訴に腰を引いているのかわかりませんが、どんなに大きな事故を起こしても罪には問われない、その前例を作ってしまうことは、安易な再稼働を許し、また再び大事故を誘発すると思うんです。

東京検察審査会の委員は、前回とは入れ替えだそうですので、同じ議決になるとは限らないみたい…。「法廷で原発事故の検証を行い、責任を問うべきじゃない?」という世論だけが、検審の背中を押すと思います。
ぜひ話題にしてください。
また、告訴団ブログのシェアもお願いします。

◆参考図書はこちら。
2015-02-10.jpg
「原発と大津波 警告を葬った人々」 「福島原発、裁かれないでいいのか」

◆添田さんの講演は2月15日。
あきれ果ててもあきらめない!2.15福島県集会

Appendix

プロフィール

やいちゃん

Author:やいちゃん
福島県郡山市在住のフリーライター人見やよいと申します。「平和・環境・市民運動・脱原発」系の記事を書いています。立ち位置は、右でも左でもなく、ド真ん中王道だと思っています。こおりやま「楽笑村」 代表、原発いらない福島の女たち WEB担当、福島原発告訴団、フクシマ・アクション・プロジェクトなどで活動中。

最新記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブクログ

dff

クリックで救える命がある

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
1178位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
エコロジー
33位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム