Entries

「第41回みんなの生活展」終了。

今年も「みんなの生活展」が無事に終わりました。今年は、初めての試みとして、「ニコニコ子ども館まつり」との併設開催。いつもの客層とは、まったく違って、子ども中心のイベントでした。
今年の楽笑村のテーマは「自給自足」。自給率、フードマイレージ、バーチャルウォーター、TPPなどに関するリーフレットを作り、「自給自足弁当」「自給自足朝食」の展示を行いました。あとは、毎年お馴染みとなった「布ナプキン」「ダウンアンペア」のコーナーもちょこっと置いてPR。子どもたちの視線の高さにお弁当やパンがあったせいか、ちゃんと見ていないと試食されそうにもなりました。子どもって大人が想像もつかないようなことをするのねー。おもしろいなあ。
page2014-11-09.jpg

実演コーナーでは、ヒマワリやヒエ、キビの種を使ったアクセサリー作り教室を開催。こちらは12名限定の予定が次々とお子さんたちが来てくれて、最終的には40名くらいになりました。ブローチ、ピン、カチューシャの3種類から選んでもらって作りましたが、忙し過ぎて写真を撮っている暇もなし(^_^;) 毎年いろいろ作ってきましたが、今年のが一番簡単だったなーーー。見本用のカチューシャが残っていたので、記録用にパチリ。
2014-11-09-1.jpg

生活展で使用した各団体のパネルは、1週間、市役所の西庁舎1Fに展示されています。お立ち寄りの際にはぜひ。
スポンサーサイト

鮫川の焼却場は「待った!」でしょう!

あさって16日から、汚染廃棄物の焼却処分が予定されている鮫川村の実験焼却施設。放射性物質に汚染された草木や稲ワラなどの農業資材を焼却して減容化する実験を行うそうです。
でも燃やしてみた結果、放射性物質が漏れて鮫川村が汚染されたら、国も環境省もどう責任をとるつもりなんだろう。その時は、「実験施設は失敗しましたが、このまま核のゴミ捨て場にしましょう」って話に、すりかわるのかもしれない。この焼却場は眉唾だ! と思ってきました。

しかしあと2日で稼働というこの時期に、さらにとんでもない事実が発覚。建設工事そのものに関する疑惑です。

東日本大震災:鮫川の焼却減容化施設「勝手に建設工事」 地権者ら、運転差し止め要請

2013/07/12 地権者の同意書は偽造!? 福島県鮫川村の高濃度焼却炉建設で地権者の一人が「署名も捺印もしていない」と告発、村に同意書の開示と即時停止を求め申し入れ ~揺らぐ焼却炉建設の正当性

鮫川村が「地権者18名と周辺住民9名に対し説明会を開き、全員の名前と印鑑をもらった同意書がある」と主張しているのに対して、地権者のお一人、堀川氏は「説明会には一度も参加したことがなく、サインも判子も押していない。署名捺印を求められたことも一度もない」と主張し、同意書の開示を村に求めています。
自分が書いたとされる同意書を確認するだけなのに、2週間も審議するそうで、その間に焼却場は稼働始めてしまうじゃないですか。
その上、環境省は「施設は焼却が終了すれば撤去する仮設的なもの。民法上、建設にあたって地権者全員の同意は必要ないと考えている」との見解を示したそうです。なんて無責任な!

稼働を止めてください。

リオ+20「我々が望む未来」

ブラジル・リオデジャネイロで開かれていた、
「国連持続可能な開発会議」(リオ+20)が閉幕しました。

私たちも賛同した脱原発デモも、
日本時間22日21時(現地時間9時~10時)に、
無事、実施されたそうです。
賛同団体は、たった1日の呼びかけにも関わらず、
611にものぼったそうです☆
脱原発の「だ」の字も発信していない日本政府に代わって、
市民団体が、世界に向けていいアピールをできたのではないかと、
身内のことではありますが、『地球村』を褒めてあげたい~~(^-^)/
demo.jpg

それにしても、ヨハネスブルクで開催された地球サミット(リオ+10)に、
『地球村』の仲間たちと大挙して参加したのは、
もう10年も前のことになりました…(一_一)
そして、いくら国際会議を繰り返しても、
地球環境はまったく改善しないし、悪化の一途、
福島なんか、放射能まみれになりました。

いやいや、もちろん、
国際会議なんか意味ないじゃんってことじゃなくて、
そこで決まった方針や、目指す未来を、
世界中で、ちっとも共有していないことがダメなのでしょう…。

あ、でも私も、ヨハネスの宣言をちっとも覚えていないし、
ダメダメなのは私かも。

さて、リオ+20では、
「我々が望む未来」っていう宣言が採択されたそうです。
まだ全文がわかりませんが、報道されている骨子は以下の通り。
・グリーン経済は、持続可能な開発を達成するうえで重要な手段だと認識
・国連環境計画の強化
・2015年以降の「持続可能な開発目標(SDGs)」を策定する政府間交渉に着手
・多くの先進国の国民総生産(GNP)の0.7%を途上国の開発援助にあてるという目標を2015年までに達成
・環境に配慮した技術を途上国に移転する重要性を強調

そして、10年前の記事を読んでいるのかと思うくらい、
こういう場合に聞かれるコメントは、
「宣言を、もっと意欲的な内容にしたかった」です。
そして「話し合いは、先進国と途上国の溝が埋まらず、
具体的な取り組みについては、各国の自主的な行動に任せる形に決着」
と記事には書いてあり、これも10年前と全く一緒、デジャヴー。

さらに日本は、途上国に環境分野の専門家らを、
3年間で1万人を派遣する「緑の協力隊」計画と、
3年間で計60億ドル(4800億円)のODAも表明したそうです。
この辺りも、お金を出せばいいんだろう~的な、
何だかイヤーな態度に思えてしまう…。
そのODAだって、本当に現地のためなんだろうかと勘繰ってしまうし。

それに、大体、途上国にどうのこうのいうよりも、
まずは、日本が変わらなくちゃいけないところにいるってことを、
もっと自覚していかなくちゃと思います。
エネルギー問題だって、食糧問題だって、国の財政だって、破綻寸前。
原発なんか、「どうか地震が起きませんように」の神頼みで再稼働したとしか、
思えないほどのいい加減さで、安全が確認されました。あ~あ…。

日本は、今こそ変わらなくちゃ。
そして、日本がちゃんと自立して、
物質的な豊かさではなく、持続可能な豊かさを手にしたときこそ、
「こっちだよ~」って世界を手招きできたら、
どんなにいいだろうって思います。

クジラ肉裁判結審。

ウォッチ中のグリーンピースのクジラ肉裁判、
昨日結審し、求刑は1年6ヶ月、判決は9月6日だそうです。
被告人佐藤さんたちの最終陳述はこちらで。
http://www.greenpeace.or.jp/campaign/oceans/whale/t2/speech_t2_02_html

この裁判、調査捕鯨と称してクジラ肉の不正横領をしていることを、
告発しようとして証拠品を持ち帰ったほうが逮捕され、
不正を行っていた側は一切何のお咎めもなしという、
訳のわからない裁判なんですが、
さらに訳がわからにことに、報道もまったくされていません。

でも、豪州ではテレビ放送されているんだって♪
http://www.47news.jp/CN/201006/CN2010060801000425.html
外圧に弱い日本だし、裁判にも影響するかもネ。

100609-122843.jpg

グリーンピース側の主張ばかり読んだもので、
私の意見は思いっきり偏っているかもしれませんが、
どう考えても、非があるのは調査捕鯨側だと思います。
国税を投入した事業でありながら不正を行っていたことに比べたら、
クジラ肉を持ち去ったことなんか、へでもないことと思います。

でっかい不正は見逃され、
小さい違反のほうが厳密に裁かれるなんて、
この国の司法は、
やっぱりどこか間違っていると思います(;▽;)

プルサーマルで本当にいいの?

原子力資料情報室の澤井正子さんを迎えて、
「プルサーマルで本当にいいの?」学習会が開かれました。
参加者は65人の大人たちと、何人かの子どもたちそして赤ちゃん。
資料は50部くらいしか用意していなかったため、
スタッフが、急遽コピーにε=ε=┌(;・_・)┘
ご来場いただいたみなさん、本当にありがとうございました。
4_3s.jpg


それにしても、政府も電力会社も、
本当に愚かなことを進めているんだなあ~とつくづく…。

プルサーマルを行うと
制御棒の効きが悪くなって
原子炉のコントロールがきかなくなって、
燃料の破損が起きやすくなって
運転中の放射性ガスの放射量も増えて
万が一事故が起きたときの被害がウラン原発より甚大になって、
使用済みMOX燃料(超危険)の処理方法がないんだそうな。

しかも福島原発の場合、原子炉が古く、劣化しているので、
プルサーマルを行うことで、炉に穴が開いたり、破裂したり、
そういう可能性だってあるんだそうな。
しかも長い年月、プールに貯蔵されてきたMOXは、
変質して別の放射性物質に変化している可能性もあるんだそうな。
これまた恐るべき危険さ。

やる理由がまるで見当たらない発電、というか、
やっちゃいけない発電だということがよくわかりました。

Appendix

プロフィール

やいちゃん

Author:やいちゃん
福島県郡山市在住のフリーライター人見やよいと申します。「平和・環境・市民運動・脱原発」系の記事を書いています。立ち位置は、右でも左でもなく、ド真ん中王道だと思っています。こおりやま「楽笑村」 代表、原発いらない福島の女たち WEB担当、福島原発告訴団、フクシマ・アクション・プロジェクトなどで活動中。

最新記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブクログ

dff

クリックで救える命がある

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
630位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
エコロジー
19位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム